京セラソーラーFC伊勢について 京セラソーラーFC伊勢

選ばれ続けてNo.1  京セラの太陽光発電

世界最大の市場、ドイツでグット!の評価世界最大の市場、ドイツでグット!の評価。

権威あるドイツ商品試験財団による太陽電池モジュール15製品の比較テストにおいて、京セラ製太陽電池KC-170GT2が最高評価となるGUT1.9を獲得(2006年5月)。品質の厳しいドイツでも、一貫体制で製造される京セラの太陽電池モジュールは、高く評価されています。

世界規模でさらに拡大する需要に迅速に対応するため、日本・欧州・米国・中国という太陽電池の世界主要4市場に向けて太陽電池モジュールの現地製造・供給体制を確立しています。シリコン原料の鋳造から太陽電池セルの製造、太陽電池モジュールの組み立てまで、すべて自社内で完結する一貫生産体制は、世界の多結晶シルコン太陽電池メーカーの中で最大の規模を誇ります。

世界地図

長期間の稼働実績が証明した京セラの製品品質

多結晶太陽電池を世界で一番早く量産を開始した京セラだから紹介できる数々の過酷な条件下での長期仕様実績。

1984年~ 佐倉ソーラーエネルギーセンター佐倉ソーラーエネルギーセンター。
現在も稼働中。
(2009年6月末時点)
関連紹介ページ≫
1997年~ 株式会社ファミリーマート株式会社ファミリーマート様。
企業理念「CO-GROWING」(共同成長)のもと、環境保全型コンビニエンスストア事業を推進される同社は、1997年のエコショップ1号店開店以来、全国10店舗に太陽光発電システムを導入されました。
店舗電力の一部として、そして理念を示す象徴として今日も各地で活躍しています。
2007年~ プランタ・ソーラー・デ・サラマンカスペインのサラマンカ市に超大規模太陽光発電施設「プランタ・ソーラー・デ・サラマンカ」が完成し、弊社より供給した約7万枚もの太陽電池が地元のクリーンエネルギー利用に寄与しています。